So-net無料ブログ作成
検索選択
芸能・映画 ブログトップ

さまよう刃 ネタバレ [芸能・映画]

さまよう刃 ネタバレ について

作家、東野圭吾さんの大ベストセラーで、
主演・寺尾聰さんで、竹野内豊、伊東四朗さんとなど、
実力派勢揃いの映画地上波初登場です!


≪注意:ネタバレ含みます≫

これ、原作を読んだんですが、
正直、最初の娘さんが殺害されるシーンがツラ過ぎます・・・

実際には、これに類似する犯罪(実際はさらにヒドイ)
が起こっていますが、
描写を読んでいるだけで、正直吐き気と激しい怒りが起こります。

で、殺害された娘さんの親である、
主人公の長峰重樹は、謎の密告電話によって、
何と真犯人の少年を知ってしまいます・・・

犯人達は未成年。
例によって、「少年法」によって守られた立場です。


そんな犯人達に対し、長峰は復讐を誓います。

悲しい選択ですが、私も親なら共感できる感情です。


高慢さを持ちながらも逃げ惑う少年たち、
悲壮感を抱えて追う長峰、

法の規律を守りながらも、
矛盾を抱え揺れる警官・・・

・・・で、ラスト。。。
(これはさすがに書くのを控えます)


・・・う~ん。
正直言って、かなり考えさせられる良い映画ですが、
後味は最悪の映画です。

映画の出来、不出来ではなく、

陰惨な殺人が起こり、
その被害者の身内に焦点を当てて、
「復讐」がテーマ・・・

いや、後味がスッキリできる方が困難です。

夏休みの皆が見るお盆の時期に、
この問題作を放送するとは・・・
その勇気にはスゴイと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ごくせん THE MOVIE 金曜ロードSHOW! [芸能・映画]

ごくせん THE MOVIE 金曜ロードSHOW! について

亀梨和也君に三浦春馬君、
速水もこみち君に、小池徹平君、
玉森裕太君 …


超豪華俳優陣の夢の競演と言えば、
29日放送の、ごくせん THE MOVIE ですよね!




「ごくせん」シリーズの集大成として、
2009年に公開された映画です。


「ごくせん」シリーズは、
2002年のドラマ放送開始から
平均視聴率17.6%の高視聴率を出し、

2005年には第2シリーズが放送。
なんと、平均視聴率28.0%の爆発的大ヒット!

2008年のドラマ第3シリーズも、
平均視聴率22.8%と大人気で、

シリーズの締めくくりとして、
映画化されたのがこの「ごくせん THE MOVIE 」


任侠集団「大江戸一家」を実家に持つ、
超熱血ヒロイン・山口久美子こと“ヤンクミ”が、

持ち前の情熱と任侠魂で、
不良ぞろいの3年D組で大活躍する痛快青春学園ドラマでした。


笑いあり、アクションあり、
青春あり、涙ありの
正に学園ドラマの王道!!

仲間由紀恵さんの出世作の1つですよね


また、このシリーズは、不良生徒役で、
数々のイケメン俳優さんが出演し話題になりました。

これををきっかけにブレイクしていった
イケメンたちが一体何人いるか…

本当に超豪華なドラマでしたよね。


そのシリーズの集大成とも言えるお祭り映画、


第2シリーズを代表する小田切竜こと
KAT‐TUNの亀梨和也君が教育実習生としてやってくる
ところから話は始まります。


懐かしいメンバー総主演なので、
華やか、賑やかゴッチャ混ぜですが、
それも「ごくせん」らしく楽しめそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

三谷幸喜 清須会議 映画化 [芸能・映画]

三谷幸喜 清須会議 映画について


三谷幸喜監督が、自身の生誕50周年を記念した
「三谷幸喜大感謝祭」のラストを飾る作品として、


自身初の時代劇映画を
制作することが発表されました。


原作は、三谷幸喜著の「清須会議」。

今回の映画のために、
17年ぶりとなる小説を書き下ろし、
幻冬舎から発売されるそうです。

さすがに一大イベント
ラストだけに、力が入ってますね。


実は、三谷幸喜監督は歴史好きでも有名だそうで、
特に戦国時代がお好きだそうです。


そんな三谷幸喜監督が注目した
「清須会議」をご存知ですか?


…私は知りませんでした。調べてみると、


この「清須会議」とは、
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、

家臣の柴田勝家、羽柴(豊臣)秀吉らが
後継者を決定するために行った会議だそうです。

…言われてみると、「聞いたことあるかも?」
というレベルでした(^^;)


しかし、この「清須会議」は、
日本史上初めて、話し合いの合議によって
歴史が動いたとされる歴史上重要な会議なのだそうです。

それにしても、皆の認知度が低いのでは??


実は、「清須会議」は時代劇等でも、
ワンシーンやナレーションで
簡単に済まされる事が多いそうです。


まぁ、映像的に合戦に比べて迫力が落ちますし、
複雑な話し合いの描写は、

一歩間違えば、単調でつまらない映像になりますよね…


でも、そこは三谷幸喜監督
監督が描けば、

「歴史的事実はないがしろにせず、
 そこに至るプロセスを楽しんでもらいたい」

という監督の発言からも、
歴史マニアも、歴史に詳しくない人も
1つのエンターテイメントとして
楽しめる作品になるのではないでしょうか?


また、配役に関しても、
勝家、秀吉をはじめ丹羽長秀、お市など、

後継者争いに関わる全ての人物が
重要な役割を担っていたことから、

「全員が主役といえるので隅々まで、
 今までの作品が豪華とは言えないほどの
 豪華キャストを総動員して本格時代劇を目指す」

と豪語されているのだそうです


え~!!
今までの作品だってあんなに豪華だったのに!
さらに!?

期待は膨らむばかりです。


今後のスケジュールは、
今年11月にクランクイン、
公開は2013年秋に予定されているそうです。


これから少しずつ発表される情報に注目ですね(^^)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ヒースレジャー 深イイ話 [芸能・映画]

ヒースレジャー 深イイ話 について

ヒースレジャーさんと言う俳優さんをご存知でしょうか?

「?」って、思った方も、
バットマンシリーズ「ダークナイト」の、
ジョーカー役の方と言えば、
分かる方も多いのではないでしょうか?



鬼気迫るジョーカーの演技は、
アカデミー助演男優賞を受賞。


しかし、実はこの受賞は
ヒース・レジャーの死後のものです。


ヒース・レジャーは、その遺作となってしまった、
「Dr.パルナサスの鏡」撮影中に、
インフルエンザを患い、その時に服用した薬が原因で
急性薬物中毒となり亡くなりました。

というも、当時彼は不眠症に悩んでおり、
睡眠薬を常用していたそうです。

インフルエンザの薬と、不眠症の薬、
薬の併用摂取による事故死だったそうです。


まだ、撮影途中だったので、未撮影シーンの代役を
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの
三名がつとめて、こちらもかなり話題になりましたね。

この三名はヒースレジャーの親友だったそうです。


そして、ヒースレジャーの出演シーンは、
カットや加工されることなく、予定とおりに使用され、

代役を務めた3人はその出演料を全てを
娘のマティルダさんに寄付されたそうです。


正に、『深イイ話』ですね~


とにかく、ヒース・レジャー演じる、
ジョーカーの狂気は、
怪演と呼ぶにふさわしい迫力でした。


今までのバットマンシリーズをおさらいするも良し、
バットマン演じるクリスチャン・ベールや
亡きヒース・レジャーの出演映画チェックするもよし。


ライジング公開までのウォーミングアップも、
また楽しいものです。

⇒ 『ダークナイトライジング ジャパンプレミア』の記事を読む

2012.6.25.jpg
【送料無料】【DVD】ダークナイト 特別版






芸能・映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。